AIT事業協同組合

お問い合わせはこちら

外国人技能実習制度

外国人技能実習制度は、入国管理法の定めるところにより実施されています。
日本の技術・技能を開発途上国へ移転し、その国の発展を担う人材を育てる事を目的とした制度です、技能実習生が日本の企業で働くことで技能を身につけ、帰国後の活躍を目的としています。

<外国人技能実習生の受入れポイント>

<受入れ企業のメリット>

技能実習生受入れまでの流れ

人材の募集

1.技能実習生受入れ決定
組合加入申込書の受理
2.送り出し機関への技能実習生受入れ条件の通知
技能実習生受入れ事業に関する協定書の締結

現地面接

3.送り出し機関で技能実習生候補者の選考(一次面接)
事前調査の後、受入れ人数の2~3倍の技能実習生候補者を選考
4.送り出し国において日本の受け入れ企業による面接、技能実習生の最終決定(二次面接)
現地面接に参加されない場合はAIT事業協同組合において面接決定も出来ます

入国申請(日本国内)

5.送り出し機関にて技能実習生の出国書類作成
(AIT事業協同組合へ提出)
6.AIT事業協同組合にて技能実習生の入国書類を作成
技能実習計画認定申請書等
7.日本国入国管理局にて在留資格審査及び『在留資格認定証明書』の発給を受領
8.送り出し機関にて出国前手続き及びパスポート・ビザの申請
来日前に『外国人技能実習生総合保険』への加入

入国後研修

9.技能実習生来日
AIT事業協同組合にて技能実習生の出迎えを行います
10.集合講習
AIT事業協同組合にて日本語及び日本の生活習慣等について講習を実施(1ヶ月間)

企業配属

11.企業に派遣
企業にて技能実習の開始

技能実習生受入れまでの流れ
※画像をクリックすると拡大画像が見れます。